投稿日:2020年8月1日

左官工事に使われる材料とは?

こんにちは!東京都清瀬市を拠点に、関東エリアで左官工事の施工を承っております株式会社ジャスティスです。
左官工事に使われる材料は、近年健康志向の高まりに伴い再評価されています。
その他の工事ではあまり用いられることのない材料が多いので、実際はどのようなものが原料になっているのか知らない方も多いでしょう。
今回は左官工事に用いられる材料について、お伝えいたします。

ポピュラーな素材「漆喰」


左官工事に用いられるポピュラーな材料として、漆喰が挙げられます。
漆喰は、消石灰、海藻のりなどを混ぜ合わせてつくるものであり、昔から建物の壁部分に頻繁に用いられてきました。
また、漆喰は燃え広がりにくい性質を持っていることから、その防火効果を評価され広く利用されてきました。
近年では、シックハウス症候群を引き起こすホルムアルデヒドの分解効果も証明され、健康的な住環境の実現にも効果があります。

除湿効果のある「珪藻土」

珪藻土は、藻類の一つである「珪藻」の殻が海底に滞積することでできる岩を用いた材料です。
特徴としては、除湿効果が極めて高く、最近ではバスマットとして珪藻土が使われるなど、湿気や水回りの環境美化に役立つ材料として認知されています。
梅雨時期など、日本家屋は古くから湿気に悩まされてきました。
珪藻土は除湿により住環境を快適にすると同時に、建物自体の寿命も伸ばす効果もあるのです。

耐久性抜群の「モルタル」

モルタルはセメントと砂、水を合わせた材料であり、左官工事で用いられる材料として広く利用されています。
左官工事は主に壁の施工に用いられるのですが、モルタルはその耐久性の高さや仕上がりの滑らかさから、床にも用いられることがあります。
近年では、団地などのリノベーションの際に用いられ、モノトーンな印象を与える材料として人気です。

【求人】がんばった人には高報酬!


現在弊社では、さらなる事業拡大を見据えて、新規スタッフを募集しております。
がんばったぶんだけ給与に反映される環境です。
左官工事は使う材料によって、表現できるデザインは多種多様です。
技術を習得するまで、多くの現場を経験する必要はありますが、職人一人ひとりの特徴が完成品に表れるなど、職人としてのやりがいは非常に高いといえます。
弊社での業務を通じて、一人前の左官職人を目指していきませんか?
強い上昇志向がある方は、ぜひ採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社ジャスティス
〒204-0001
東京都清瀬市下宿2-493-6
電話:042-497-9989 FAX:042-497-9989
※営業電話お断り


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社ジャスティスでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただけ …

店舗工事

店舗工事

東京都T区の店舗工事を施工致しました。 内容は壁面のモルタル塗り、ブリックタイル張りです。 今回既存 …

【求人募集】コテ使いのプロフェッショナルになりませんか?

【求人募集】コテ使いのプロフェッショナル…

こんにちは!株式会社ジャスティスです。弊社は平成23年に東京都清瀬市で創業した左官工事業者です。東京 …

お問い合わせ ブログ